これからの時代の資産管理には仮想通貨を利用するべき?

昨今の世界情勢から、当該の国の通貨だけでなく、どの国の通貨も安定感を欠いている状態です。
それは、各国の通貨はその発行元である国の色々な状況次第で価値が変動するからに他ならず、その先を読むのも容易ではありません。

こんな時こその有効資産として注目されているのが、各種の仮想通貨です。
日本でも盛んに取引が行われているビットコインなどの有名通貨は、世界情勢によって価値が変化することはまずない為、保有している外貨を全てそれに替えておきたいといった相談もよく聞かれます。

ですが、注意したいのが、あまり聞いたことのない仮想通貨です。
確かに存在するものだとしても、日本の取引所で取扱いがなければ意味がなく、そういった仮想通貨を勧められるような詐欺も増えています。
一度購入してしまうと、まず返金を受けられることはないので、仮想通貨の購入前には必ず日本で取引できるものを選んでください。

そして、仮想通貨には大きく分けて二種類が存在します。
1つは先のビットコインのような発行元という存在がないもの、もう1つはリップルなどの発行元がはっきりしているものです。

前者は値動きが大きいのが特徴で、一時的な人気などによって急に高騰することも少なくありません。
後者はそこまで値動きがないように発行元が市場における価値をコントロールしているので、安定感があると表現できます。
比較的安心な仮想通貨を選びたいと相談された場合にも、そちらの方を勧められることが多いです。

どちらも共通して世界情勢は価値にほとんど影響を及ぼさない為、保有している外貨の価値が心配であれば、こういった仮想通貨にしておくのも1つの手です。日本で取引できる仮想通貨であれば、市場レートによる換金、返金も容易です。

安定資産としては地金もそれだと評判ですが、こちらは先物相場によっては大きな下落も考えられます。ここ1、2年は上がり気味とは言え、今後の保証はありません。

また、地金に関しては詐欺のような話も多いので、これを選ぶ際には保有権などではなく、必ず実物自体を購入しないといけませんが、その保管にも手間が掛かります。
安全性からも、そのようなものを自宅などに保管しておくとなると不安がつきまとってしまい、物理的な保管場所も必要になります。
その点、仮想通貨であればデジタル上の存在なので保有の手間などを考える必要はなく、管理もとても容易です。実際の通貨に代わる資産は、これからはこの仮想通貨がメインになってくる時代なのかも知れません。

SNSでもご購読できます。